« 子供の絵と合格証書 | トップページ | 久々のオリジナルイラストです。 »

映画の感想です。

「コープスブライド」
1116気弱な男がちょっとした手違いで死体の花嫁と結婚!生きたまま死後の世界に行っちゃったから、さあ大変!!ってなお話です。
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」大好きな私。
「コープスブライド」は公開前から見たいと思ってた映画でした。でも期待が大きかったのかなぁ・・・
どうしても「ナイトメア~」と比べちゃってイマイチ楽しめませんでした。今回は恋愛映画になってたのが私的に敗因だったのかも・・・
でもストップモーションアニメとは思えないくらい滑らかに動くキャラ達や楽しくて素敵な音楽など見所は沢山あります。
ヒロインの死体の花嫁もライバル(?)の生きてる花嫁に比べるとセクシーでチャーミング♪
現実世界がモノトーンで苦渋に満ちてるのに死後の世界はサイケで楽しそうな描写がバートンらしかったです。

「ネバーランド」
a_1116誰もが知っている「ピーターパン」のお話。でもそれを書いた作家の事を知っている人は案外少ないのでは?
ジョニー・デップが脚本家ジェームズ・バリ役をやった実話を基にしたこの映画、公開時に見にいけなかったのでビデオで見ました。
ピーター・パンが好きな人はもちろん、小説でも漫画でも、とにかく物語を作った事のある人は必見です。
愛する者を亡くす悲しみを乗り超えるために作られた話だからこそ、「ピーター・パン」は時間を超えいつまでも愛されるんでしょうね。
「フック」で海賊のキャプテン・フックを好演していたダスティン・ホフマンがここでも演劇プロデューサー役で良い味出してました。

|

« 子供の絵と合格証書 | トップページ | 久々のオリジナルイラストです。 »

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66016/7141083

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の感想です。:

» ネバーランド [ロンちゃん&のんちゃんドッグカフェ。]
劇作家ジェームズ・バリが、「ピーター・パン」のモデルとなった少年とその家族と出 [続きを読む]

受信: 2005/11/18 01:12

« 子供の絵と合格証書 | トップページ | 久々のオリジナルイラストです。 »