« 白熊殺し | トップページ | 深山公園 »

ペンギン版未知との遭遇

Poster2
昨日は小学校が卒業式でお休みだったし私は深夜勤務明けだったのでお昼から息子と「ハッピーフィート」(吹き替え版」)を見てきました。
踊る子供ペンギンが強調されてたので子供向け映画かと思いきや、愛の歌(しかも英語)を歌いまくるペンギンやら発達障害(?)で問題を起こし仲間はずれにされる子供ペンギン(これが主人公)やら環境破壊で生態系を壊す人間やらが出てきて、結構重い映画だなぁ・・・と思って見てました。
(実際主人公ペンギン、マンブルがペンギン世界の調和を崩すと責められてるシーンで息子は大泣きしてしまいました。)
ラスト、どうやって収集をつけるのかと思ったら、なんと!ペンギンは人間とダンスでコミュニケーションを取ってハッピーエンド・・・・
こんな映画どっかで見たことあるよなぁ・・・と思って思い出したのがスピルバーグの「未知との遭遇」でした。
そうか、これはペンギンから見た未知との遭遇だったのか!!と変に納得してしまいました。
はじめから人間のことを「エイリアン」って言ってたしね。
これでアカデミー賞貰えるなんて今年は余程良いアニメ映画が無かったんでしょうねぇ・・・・

|

« 白熊殺し | トップページ | 深山公園 »

映画」カテゴリの記事