« 銀ちゃん&晋助ファンの皆様へクリスマスプレゼント | トップページ | 『GANTZ』 »

映画の感想

気がつけば1月に入って1週間も過ぎてました・・・・

今更ですが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

いきなり映画の話ですが年末に「ノルウェイの森」を見て、お正月に「ヤマト」を見てきました。

336172view001 まず「ノルウェイの森」の感想。

原作は社会的現象にもなったらしいのですが、当時私はスティーヴン・キングにハマっていたので読んでいません。

回りの友達にも「村上春樹が良い!」っていうような人がいなかったんだよなぁ・・・

ただ、松山ケンイチが好きなので見てみただけです。

映画の出来としては、久しぶりに訳がわからん映画を見たなぁ・・・・って感じでした。

何せ説明が少ない!「考えるな!感じるんだ!!」って監督に頭叩かれるような映画でした。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

優柔不断な優しい男と亡霊に取り憑かれた電波女と妄想ツンデレ女の三角関係の話なのかなぁ・・・・と思って見ていたのですが、これじゃ全然面白くないのでワタナベとキズキと直子の三角関係の話として見ました。

キズキが亡くなった後も2人の間にはキズキがいて、でも現実の世界にはキズキがいなくて崩壊していく直子を懸命に止めようとするワタナベ・・・的な話?

ハッキリ言って、ラヴストーリーとして見るよりホラーとして見たほうが面白いと思いました。

実際、死ぬ人多いし・・・・(^-^; しかし、ホラーとしてみるには濡れ場が多い(。_。*)))モジモジ

映像はとても綺麗で美しかったです。特にワタナベが最後に直子と会う雪のシーンは大好きです。

335872view001 「ヤマト」は見る前から期待はしていませんでした。

だって、故・富山敬氏の声で喋らない古代進なんてイヤだ!!

実際キムタクはキムタクのまんまだし、デスラー総統は声だけ一緒でクリスタルボーイみたいな姿になっちゃってるし訳わからんラヴシーンに唖然としてしまったし・・・

制作費20億らしいですが、お金かけるとこ間違いましたね!

どうせ、酷評になるんだから製作側も腹を括って、ドメル艦隊戦をメインに映画化して最後「人類滅亡まであと○○日」って言って終われば良かったのに!!

その方がよほどスカっとしたかも( ̄▽ ̄)

|

« 銀ちゃん&晋助ファンの皆様へクリスマスプレゼント | トップページ | 『GANTZ』 »

映画」カテゴリの記事